光触媒事業部

・光触媒の仕組み

光触媒反応とは、光(紫外線)に当たった光触媒(二酸化チタン)表面に発生した活性酸素により、臭い・菌・ウイルスなどの有機物を二酸化炭素と水に分解してしまう化学作用をいう。

 ・弊社技術の特色

当社の光触媒事業部は、多孔質セラミックスに二酸化チタンを「担持」させた(株)カネキ製陶所製「TioCERA(ティオセラ)」を使用しております。

 

従来も、二酸化チタンの光触媒機能を利用した脱臭装置はあったが、多くは金属等の板に有機質塗料のバインダーを用いて二酸化チタンの粉末を塗布したもの、あるいは溶射技術を使って二酸化チタンの皮膜を形成した物を使用しています。

前者は、二酸化チタンの大部分が塗料に埋まって一部の表面が露出するだけなので、光触媒活性をもたらす二酸化チタンの面積が少なくなってしまうだけでなく、光触媒機能によってバインダーである有機質塗料が侵されてしまうという欠点があります。また後者の溶射技術は多くは高熱を使うために二酸化チタンの結晶構造が変化して光触媒機能が低下するうえに、溶射の際に周囲に飛散するということと、皮膜が厚く成型されて下層はほとんど光触媒として作用しないという効率の悪さが課題となっていた。

弊社が用いる多孔質セラミックスプレートに二酸化チタンを塗布したものは、独自の方法でバインダーなしで二酸化チタンの微粉末をセラミックスプレートの表面の穴に、半ば浮いた状態で保持されたものであり、多孔質であるが故の広い表面積に熱によるストレスを与えることなく、高い光触媒活性を保ったまま、しかも非常に薄い層を形成している為にほとんど無駄なく活用されるという特性を持っている。

 

二酸化チタンを「バインダー」「溶射」を用いずに塗布する「担持」技術により、現在世の中に出回っている光触媒製品とは全く異なる光触媒の理論値に最も近い高性能の脱臭・除菌装置を製作することが可能になりました。 

<従来の塗布技術>
<担持の塗布技術>

 ・弊社構造の特色

従来の光触媒を用いた装置のほとんどが、多孔質のプレートの面に垂直な方向に空気を流そうとするもので、圧損が大きく、なおかつ紫外線は表面に一部に照射されるだけである。また圧損を軽減するために「孔」を大きくする必要があり、二酸化チタンとの接触面が少なくなるという矛盾が生じている。これに対して、弊社の構造は、プレートと紫外線源を交互に重ね、その隙間をプレートの面井平行に空気を流すものであり、そのために圧損が圧倒的に少なく、なおかつ紫外線源がプレートの面の直近にあってほぼ垂直に面に照射するため、高い光触媒活性とその結果による脱臭効果が大きいことが特長である。このことは、従来型の構造の物との比較実験で、弊社で採用する多孔質セラミックスプレートを使用した構造の優位性が確認されている。 

<従来の構造>
<弊社の構造>

Copyright(C)2014 SHINWA-INDUSTRY Co.,ltd. All Rights Reserved.